面接の心構えとコツ

いきなり辛い話になるかもしれないが、まず最初に覚えておいてほしいことが、書類選考を通ったからといって会社はあなたに興味があるわけではないということだ。

これを知っているかいないかで落ちた時のメンタルが変わってくる。

そもそも書類選考とは明らかにミスマッチな人を落とす作業でしかなく、書類選考を通ったところで本命と大穴も同じ扱いでしかない。
つまり、あなたは一応面接はするが本命は他にもいるかもしれないのだ。

その場合、残念ながら面接をしたところで最初から結果は決まっている。
最悪の場合、最初から落とす前提で新米面接官の練習材料にされたりする(一回だけ私も経験がある)

特に会社が大きい場合は、面接が一回だけじゃないこともある。

その場合、書類選考の担当者と面接担当が違うことがある。
書類を見た人があなたに好印象を抱いていたとしても、面接官が違えばあなたに対する評価も変わる。

そのため、面接で一番重要になるのは『不採用でも落ち込まないこと』である。

もちろん面接で失敗してしまった場合は次から改善しなければならない。
質問されたときに答えられなかったり、緊張して目を見て話せなかったりすれば直すべきだ。

だが基本的に、人間というものは相手を評価できるほど優秀ではない。
特に日本の採用担当は年功序列でいつの間にかなっているような立場だから、もちろん優秀な人もいるだろうが決して仕事ができるというわけではない。

採用担当は他人を評価しているが、本来は評価できるような器ではないのだ。
断言するが、相手を評価するという立場に酔っているだけである。会社を辞めたら一人じゃ何もできないただのおじさんだ。

結局のところ、同じ人間なのである。
ではどうすればいいか、答えは簡単だ。

面接で重要なのは、相手に悪い印象を与えないことだ。

面接は加点方式ではなく減点方式だ。
何か気の利いた発言をしても加点されることはないが、減点だけは容赦なくされる。

特に一次面接では、平凡な人を残したがる傾向にある。
なぜなら一次面接で担当する面接官は、二次面接で上司に引き継がなければならないのだ。

変な人を一次面接で通してしまったら、二次面接を担当した上司に「変な奴を受からせるな!」と怒られてしまう。
基本的に一次面接の採用担当は決して偉くはないし、いかに自分が怒られないようにするかを考えているため、平凡で真面目な普通の人ばかりを受からせる傾向にある。

いわゆる大企業病という奴だ。

その結果、面接で変な人と片付けられてしまったが実は超優秀だった応募者を取り逃し、普通の人ばかり採用して会社のレベルが下がってしまうのである。

それはつまり裏を返せば、
あなたが気取らず普通に真面目な人を演じれば勝算はあるということだ。