会社選びのポイント

あなたは何を基準に会社を選んでいるだろうか。

「業績が安定している会社が良い」
「給料が高い会社で働きたい」「楽な仕事でのんびりしたい」など

言い出したらキリはないだろうが、
総合的に考えて『とりあえず大企業に就職しよう』と考えている人が多いのではないだろうか。

それは簡潔に言えば、正しい。
もしも大企業に正社員として就職できるのであれば、間違いなく一度は働いておくべきだ。

理由は大きく分けて2つある。

1つ目は、就職することが難しいことだ。
人気があるため倍率も高く、基本的には新卒採用となる。
中途の場合は他社でよっぽどの輝かしい経歴と実力がなければ難しいだろう。

2つ目は、大企業のブランド価値というものはあなたが考えている以上に強い。
たとえ退職したとしても転職先が必ず見つかる。
面接官はあなた自身の能力ではなく、大企業にいたというブランドのみで判断する。
シード権のようなものだと思ってもらえればいい。

だから、あなたが新卒であるなら間違いなく大企業に入っておけば損はしないと断言することができる。
これは私があらゆる経営者と会話をしたときもすべて意見が一致した。

しかし、このサイトに来てくれた方のほとんどは新卒ではないと思う。

安心してほしい。
このサイトは中途採用を目指している人ためのサイトだ。
仕事で悩んでいる人に少しでも多くの選択肢と自由な未来を提供するための、いわば攻略サイトだ。

私はあなたの親のようにガミガミ言わないし、
キャリアコンサルタントのように過去の経歴にケチをつけたりしない。

誰しもが何らかの能力を持っていて、だけどそれに気づけないでいるだけだ。
それをこのサイトで見つけてほしい。

話を戻そう。

中途採用で『大企業に就職できない』場合はどうすればいいか?
絶望してベッドに寝転がっているしかないのか。そんなことはない。

意外と見落としがちな穴場企業がある。
それは、『大企業のグループ会社や子会社』だ。

誰もが狙っているような華やかな会社ではないけれど、
大企業がバックについているから資本がしっかりしていて潰れにくい上に出世もしやすい。

こういう地味な会社だと、学歴や職歴がなくてもやる気次第で雇ってくれることもある。
試しにいくつか面接を受けてみるのもアリだ。
工場なら未経験でも採用されやすいし、定時に帰れる職場も多いから意外とオススメだ。

とはいえ、個人的にはあまりオススメはしていない。
中途採用で大企業に勤めるメリットがそこまであるとは思えないからだ。

そもそも大企業とはなんだろうか。

最近の調べによると大企業の数は『約1万1000社』ほどで、
中小企業は『約380万9000社』存在していると言われている。

この日本にある会社の99%は中小企業なのだ。
あなたが大企業に就職できなくてもなんら問題はない。

さらに言えば、実のところ大企業は安定していると言われているが、抱えている人数が多い上に雇用形態も多種多様に存在しているため、
昔に比べて正社員がやっていたことを派遣社員に任せていたりする。

それはつまり『安い賃金で代わりが雇える』時代になってしまったということだ。

もっとわかりやすく説明するなら『代わりが腐るほどいるから簡単にクビにされる』危険性が高くなったということだ。

さらに、大企業は人間関係も複雑で実力だけでなく運も重要になる。
それだけ大企業で出世するというのは難しいということだ。

昔は馬鹿でも働けば、努力すればいくらでも給料が上がった時代だ。
しかし、私たちの世代はどうだろう。

長く勤めていても給料は上がらず、納める保険料や税金は上がりまくっているにも関わらず、
年金がもらえる時期は繰り上げられ、下手したら受給すらできない可能性がある。

あのトヨタですら「生涯雇用は難しい」と会見で発言したほどだ。
そんな時代で大企業だから安心という考えは捨てたほうが良い。

となれば、答えは一つしかない。
中小企業の中から優良企業を探すことだ。

いわゆるブラック企業と呼ばれる会社が多いのも事実だが、三菱電機のように大企業にもブラック企業はある。
結局のところ、先ほども書いたように99%の会社が中小企業なのだからブラック企業の数も多く見えるのは当たり前のことだ。

さらに言及するなら、会社が小さいと一族経営も多く人間関係が大変だったりすることもある。
だが裏を返せば、会社が小さいほど全体に目が届きやすく、一度みんなと仲良くなってしまえば長続きする良い会社にもなりやすい。
こればかりは会社というよりは経営者との相性の問題になる。

だからこそ面接では合格のことばかりを考えるのではなく、この経営者と一緒に仕事をしていて苦痛ではないか、
一緒に楽しく仕事ができるかを判断する場として臨んだほうが良い。
これさえ覚えておけば、よっぽどのことがない限り変な会社で働くことはないだろう。

また、
『最速で出世したい』『独立したい』『起業したい』
と考えている人はベンチャー企業がオススメだ。

ただ注意してほしいのは、ベンチャー企業は非常に頭のネジの外れた人が多く、常識では考えられないことを普通でする。
人生の全てを仕事に捧げた人達だ。生半可なやる気では太刀打ちできないだろう。

まず第一に、ベンチャー企業に労働基準法は存在しない。
みんな終電どころか会社で寝泊まりしているし、残業代は出ないし、タイムカードも形だけだ。
私のように会社でオナニーをするようにもなる。そんな世界だ。
趣味や睡眠時間を捨てて、全てビジネスに費やすくらいの覚悟がなければ無駄な職歴が増えるだけだろう。

熱い野望が無い人はベンチャー企業に就職してはいけない。
中途半端な熱意は身を滅ぼすだけだ。
ベンチャーに就職するときは、自分が将来どうなりたいか明確なビジョンを持ってから挑もう。

ちなみに私はこのベンチャー企業でアルバイトとして働き始め、わずか半年で副社長にスカウトされた。
しかし調子に乗って無理をしすぎた結果、見事に燃え尽き症候群になり退職することになる。
出世したからといって、それが自分にとって正しいかは別なのだ……。